グラフィン結合助剤の創製とその複合界面に関する研究

輸送手段である航空機、自動車、電車などの構造材料の軽量化は省エネルギー化および二酸化炭素の削減をもたらす。この軽量化材料として期待されているのが、炭素ナノ材料の1つであるカーボンナノチューブ(carbon nanotube: CNT)材料に炭素ナノ材料の1つである。CNTは軽量なグラフィン・グラファイトのチューブ状物質であり、その1本の機械強度特性は炭素繊維を凌ぐ。しかし、CNT複合体においては、母材に対するCNTの低分散性および滑りにより、CNTの機械強度が母材に伝達せず、複合体の機械強度は低下する。本研究では、CNTを使用したフレキシブル・軽量・高強度特性を持つ材料の創製を目的とし、特にCNT表面でのCNT-CNT間、CNT-母材間を結合・融合させる「グラフィン界面の接合・融合技術」の開発を行っている。