高性能蓄電池複合材料に関する研究

CNTは高比表面積・バリスティック伝導性を持つため、「電気二重層キャパシタ」や「リチウムイオン2次電池」の電極として期待されている。化学修飾されていなく、欠陥のないCNTはイオン吸着しにくい状態にあり、静電容量も低い。一方、カルボキシル基などの官能基修飾により、静電容量が増加する半面、バリスティック伝導性の低下を引き起こし、応答性を低下する。本研究では、CNTをモデル材料として、このトレードオフ関係を調べながら、適した炭素ナノ構造を探索し、高効率動作電気二重層キャパシタおよびリチウムイオン2次電池の炭素系複合材料の開発を目指す。